代表林へ直通!

[受付]8:00~20:00 [定休]日曜日 メールは24時間受付中!

blog

リシン仕上げの魅力とメンテナンスのポイントをご紹介!

  • お悩み相談
  • 現場ブログ
外壁の仕上げ材としてリシン仕上げについての理解を深めたい方々に、その基本的な特性や他の仕上げ材との比較、そして適切な維持管理方法についての情報をご紹介します。
この記事では、リシン仕上げの基本的な特徴とその塗り替えに必要な工程及び注意点を解説し、外壁材としての選択肢を考える際の参考にしていただきたいと考えています。

□リシン仕上げとは?外壁材の基本を解説


リシン仕上げとは一体どのようなものでしょうか。
ここでは、リシン仕上げの特性、使用される原材料、そして他の仕上げ方法との比較を通じて、リシン仕上げの魅力と実用性について深掘りしていきます。

*リシン仕上げの基本

1:リシンとは


リシンとは、主にモルタル外壁の仕上げ材として用いられる表面化粧材の一つで、細かく砕いた骨材に樹脂やセメント、着色剤を混ぜ合わせたものを吹き付けて施工されます。
これにより、表面に独特のザラザラとしたテクスチャーが生まれ、自然な風合いが魅力の一つとなっています。

2:歴史と普及

1960年代から80年代にかけて、アクリル樹脂素材の発展と共に、リシン仕上げは一般的なモルタル下地仕上げ材として日本全国に広まりました。
その比較的低コストでありながら、耐久性も備えているため、新築住宅を中心に多く採用されています。

3:他の仕上げ方法との比較:


スタッコ仕上げや押さえ仕上げなど、他のモルタル外壁仕上げ方法と比較すると、リシン仕上げはコストパフォーマンスに優れ、和風住宅などの外観に自然に調和する外壁を提供する点で高く評価されています。

□リシン仕上げの塗り替え!必要な工程と注意点


リシン仕上げの外壁を長持ちさせ、その美観を保つためには適切な塗り替えが欠かせません。
ここでは、リシン仕上げの維持に必要な塗り替え工程と、その際の重要な注意点をご紹介します。

*必要な工程

1:高圧洗浄


リシン仕上げの外壁は凹凸が多く汚れが溜まりやすいため、高圧洗浄によって隙間の汚れを効率的に除去します。
これにより、塗料の密着性を高め、耐久性を向上させられます。

2:下地補修


外壁に生じたひび割れは、下地補修により適切に処理される必要があります。
特にモルタル壁は乾燥収縮によりひび割れが起きやすいため、補修は塗り替えの成功に直結します。

3:弾性塗料の使用


ひび割れを予防するためには、弾性塗料の使用が効果的です。
この塗料は伸縮性が高く、壁の動きに対応しながら外壁を保護するため、リシン仕上げの長寿命化に貢献します。

当社は船橋市・鎌ヶ谷市・八千代市周辺で外壁塗装や屋根工事などをおこなっております。
一気通貫でご提案し、工事中の不安を取り除きます。
ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

□まとめ

この記事では、リシン仕上げの基本的な特性から始め、その美観と実用性についてご紹介しました。
また、リシン仕上げ外壁の維持に欠かせない塗り替えの工程と注意点についても触れ、その重要性を強調しました。
この情報が、外壁材の選択において役立つ知識となり、より良い住まいづくりの参考になれば幸いです。