代表林へ直通!

[受付]8:00~20:00 [定休]日曜日 メールは24時間受付中!

blog

トタン板の種類とは?波板との違いと素材別の特徴をご紹介!

  • お悩み相談
  • 現場ブログ
屋根材を選ぶ際には多くの選択肢が存在しますが、特にDIYを好む方の間で人気なのがトタン板と波板です。
これらの素材は、耐久性やコスト、美観といった異なる利点を持っており、自宅の屋根やガーデンスペースの改善に適しています。
この記事では、トタン板と波板の基本的な知識から適切な選び方をご紹介し、適した材料選びを支援します。

□トタン板と波板の基礎知識


トタン板とは、通常、亜鉛メッキが施された薄い鉄板のことを指します。
この亜鉛メッキ処理によって、トタン板は錆びにくく、耐久性が向上します。
一方、波板はその名の通り、波形状に加工された板を指し、この形状が構造的な強度を提供します。
波板はトタン素材で作られることも多いですが、他の素材で作られることもあります。

*トタン板とは

1:波板の形状の種類


波板は一般的な滑らかな波形だけでなく、角波板などの角張ったデザインも存在します。
角波板は通常の波板に比べて横からの力に対しても強いため、より耐久性が求められる用途に適しています。

2:色と仕上がり


トタン板は白や青、茶色など、さまざまなカラーバリエーションで提供されており、デザイン性を重視する場合にも適しています。
波板も同様に、透明や色付きの選択肢があり、用途に応じた選択が可能です。

3:使用上の注意点


特にトタン板は潮風の強い地域では錆びやすいため、使用環境を考慮する必要があります。
また、寿命は一般的に5~7年とされていますが、定期的なメンテナンスにより長持ちさせられます。

□波板の種類と屋根材としての適切な選び方


屋根材としての波板選びは、さまざまな素材の特性を理解し、それぞれの環境やニーズに合わせて最適なものを選ぶことが重要です。

*屋根材選びの観点

1:寿命で選ぶ

波板の種類によって耐用年数は大きく異なります。
長期間の耐久性が求められる場合はガルバリウム波板が適しており、約15~20年の寿命を期待できます。

2:採光性で選ぶ


屋根下を明るく保つためには、透明なポリカーボネートや塩化ビニール波板が適しています。
これらは太陽の光を効果的に取り込みながら、紫外線や熱を適度にカットできます。

3:施工性で選ぶ


DIYプロジェクトには、加工が容易な塩化ビニールやポリカーボネート波板が最適です。
これらは一般的な工具で簡単にカットや穴開けが行え、初心者にも扱いやすい特性を持っています。

4:価格で選ぶ


予算に応じて最適な波板を選ぶことも大切です。
コストパフォーマンスを考えると、塩化ビニール波板が最も経済的でありながら、必要な機能を備えています。

当社は船橋市・鎌ヶ谷市・八千代市周辺で外壁塗装や屋根工事などをおこなっております。
一気通貫でご提案し、工事中の不安を取り除きます。
ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

□まとめ


トタン板と波板は、それぞれ独特の特性と利点を持っています。
この記事では、それらの基本的な知識と選び方をご紹介しました。
DIY好きの皆さんが、自分のプロジェクトに最適な屋根材を選ぶための参考になれば幸いです。
適切な材料選びを行い、長持ちする美しい屋根を実現しましょう。